6月になりました。
東海地方も梅雨入りしましたがまだ雨が降りませんね。

さて、活発に飛び回る蚊に悩まされる時期がやってきました。
人間も刺されればかゆくてたまらない蚊ですが、
わんちゃんの場合は犬フィラリア症という
命にかかわる病気にかかることがあります。

犬フィラリア症は蚊に刺されることよって
犬フィラリアという線虫が体内に入り、心臓に寄生する病気です。
犬フィラリアは体長30センチにもなる細長い虫なので、
心臓にたくさん取り付けば血液の流れを邪魔し、
咳、食欲がない、お腹に水がたまる、赤い尿が出る、
などの症状を引き起こすことになります。

犬フィラリア症もかかってから治療をするのではなく、
予防を第一に考えるべき病気です。
犬フィラリア症にかからないようにするには、
毎月一回の投薬が有効です。
通常は犬フィラリア症予防薬と言っていますが、
犬フィラリア自体が体に入らないようにする薬ではありません。
既に体の中に入ってしまった幼虫(ミクロフィラリア)を、
定期的に駆除し、成虫となって心臓に寄生しないようにする薬なのです。
投与開始前の検査と、蚊がいなくなってからの最後の投薬、
忘れないようにしてくださいね。

長屋動物医療センターでは、
・1ヵ月に1回の内服薬 
粉、錠剤、ジャーキーやクッキー型のチュアブルタイプの剤型があります
・1ヵ月に1回背中にたらすスポットオンタイプ
を取り扱っています。

快適な生活のための寄生虫対策は、まず予防から!
お気軽にご相談ください。

蚊取り線香では不十分ですよ。毎月の投薬を忘れずに!

ゴールデンウィークも終わり、気温が上昇してきましたね。
紫外線は強いですが、心地よい陽気に誘われて
いろいろな場所へ出かけられる方も多いと思います。
しかし、暖かくなると活動的になるのは人間だけではありません。
そう、虫たちも一気に活動を始めるのです。

今月に入り、西日本で人間の患者さんの
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」発症例、死亡例が
相次いで確認されました。
この病気は、現時点では人間のみ発症が確認されているもので
マダニにかまれることで発症するウイルス感染症です。
最善の予防法は、「マダニにかまれないようにすること」。
マダニは公園や河原の草むらなど思った以上に身近に生息しています。
足や腕などできる限り肌の露出を少なくすることを心がけてください。

そして、わんちゃんやねこちゃんも
マダニやノミで深刻な健康被害を受けることがあります。
マダニであれば大量寄生による貧血や犬バベシア症など、
ノミであればノミアレルギー性皮膚炎や
瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)という消化管内寄生虫の媒介などです。
服や靴で皮膚をおおうことができないわんちゃんねこちゃんには、
定期的なマダニ・ノミ駆除薬の使用が効果的です。

長屋動物医療センターでは、
・1ヵ月に1回背中にたらすスポットオンタイプ、
・1回の内服で3ヶ月間効果が持続するチュアブルタイプ
などを取り扱っています。

快適な生活のための寄生虫対策は、まず予防から!
お気軽にご相談ください。