6月になりました。
東海地方も梅雨入りしましたがまだ雨が降りませんね。

さて、活発に飛び回る蚊に悩まされる時期がやってきました。
人間も刺されればかゆくてたまらない蚊ですが、
わんちゃんの場合は犬フィラリア症という
命にかかわる病気にかかることがあります。

犬フィラリア症は蚊に刺されることよって
犬フィラリアという線虫が体内に入り、心臓に寄生する病気です。
犬フィラリアは体長30センチにもなる細長い虫なので、
心臓にたくさん取り付けば血液の流れを邪魔し、
咳、食欲がない、お腹に水がたまる、赤い尿が出る、
などの症状を引き起こすことになります。

犬フィラリア症もかかってから治療をするのではなく、
予防を第一に考えるべき病気です。
犬フィラリア症にかからないようにするには、
毎月一回の投薬が有効です。
通常は犬フィラリア症予防薬と言っていますが、
犬フィラリア自体が体に入らないようにする薬ではありません。
既に体の中に入ってしまった幼虫(ミクロフィラリア)を、
定期的に駆除し、成虫となって心臓に寄生しないようにする薬なのです。
投薬開始前の検査と、蚊がいなくなってからの最後の投薬、
忘れないようにしてくださいね。

長屋動物医療センターでは、
・1ヵ月に1回の内服薬 
(粉、錠剤、ジャーキーやクッキー型のチュアブルタイプの剤型があります)
・1ヵ月に1回背中にたらすスポットオンタイプ
を取り扱っています。

快適な生活のための寄生虫対策は、まず予防から!
お気軽にご相談ください。

蚊取り線香では不十分ですよ。毎月の投薬を忘れずに!